企業にとって最も大切なものは「人の力」だと思っています

トピックス

2015.8.27
JASIS2015(幕張メッセ)にNMRデータ管理ソフトLanaを展示します。
2015.8.27
【新製品発表】2015年9月2日(水)にNMRデータ管理ソフト Lana を発表します。
2014.11.22
オフィスサポート事業部が本社ビル(平河町)へ事務所を移転致しました。
2014.9.6
JASIS2014でCHERO13が展示されました。
2014.7.1
弊社サイトをリニューアルしました。

会社情報

株式会社コンサルティング・エムアンドエスは、
システム開発全般における提案・設計・構築・運用・保守サービスと
業務をサポートする一般労働者派遣の2つの事業を行っております。

会社概要


社名
株式会社コンサルティング・エムアンドエス
代表
代表取締役社長 森田 緑
設立
昭和59年7月10日
資本金
1000万円
所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町2丁目4番14号平河町KSビル1F
電話番号
03-3239-5311(代表)

個人情報の取り扱いについて


システム事業部 システム開発・運用・保守サポート詳しくはこちら

企業のビジネス上の課題を要件定義から設計・開発・運用・保守までトータルにサポート致します。

  • 03-3239-5312

オフィスサポート事業部 人材紹介・人材派遣詳しくはこちら

即戦力を求める企業のニーズを満たすべく、専門スキルを持つスタッフを派遣・紹介致します。

  • 03-3239-5315

代表者挨拶

当社は1984年7月に創業してから約30年にわたり、システム開発と人材派遣の2つの事業を軸として一歩一歩着実に成長を続けて参りました。
そして2014年3月10日、次世代への事業継承のため、私が二代目の代表取締役社長に就任いたしました。
当社の創業者であり、私の父でもある森田禎より引き継いだもの、それは「誠意をもって全力を尽くす」精神です。

当社の主軸であるシステム開発事業も人材派遣事業も、共にまずはお客様の考えを「聴く」こと、そしてお客様が抱える課題や要望を、いかに我が事と捉え誠意をもってサポートできるかが大事だと考えております。
そのために、私達はより深い専門スキルを持つことはもちろん困難を乗り越えやり抜く「誠実さ」を兼ね備えた人財でありたいと思うのです。

新体制となった今、これまで培った「人の力」をより一層磨くことと同時に、その力を武器に新しいビジネスチャンスにも果敢に挑戦して参りたいと考えています。

これからも株式会社コンサルティング・エムアンドエスは、専門スキルをもつプロとして、変化に富む社会の中で常にお客様の傍で共に考え、お客様が目指す経営戦略を共に実現すべく、全力を尽くして参ります。
どうぞ今後とも一層のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 森田 緑

沿革

昭和59年7月10日
コンピュータのソフト開発を主たる事業として株式会社コンサルティング・エムアンドエスを設立
昭和61年5月
株式会社トッパン・マルチソフト(旧株式会社トッパン・ムーアシステムズ)協力会社としてIBMのオフコン機・システム36、38及び9370汎用機等のシステム開発に特化する
平成8年6月
サイノン・ジャパン社(M&A により現在はコンピュータアソシエイツ株式会社)とビジネスパートナー契約を結び、Advantage Plex(オブジェクト指向型開発ツール)による開発に従事する
平成10年4月
アプリケーション部品の標準化を目指す「ビジネスオブジェクト推進協議会(CBOP)」の会員となる
平成11年6月
システム事業部内での社内技術向上と教育のため、技術課を発足。また、Advantage Plexによるソフトウェア部品と先進ソリューションのための団体である「PASCAL」へ加盟し、企業間で再利用可能なソフトウェア部品・ソリューションの開発を開始する
平成13年4月
一般労働者派遣事業の認可を取得し、オフィスサポート事業部を発足
平成14年8月
本社を平河町(現在地)に移転
平成14年9月
有料職業紹介事業の認可を取得
平成17年6月
業務拡大によりシステム事業部を開発1課、2課、3課に組織変更
平成17年11月
オフィスサポート事業部を品川区東五反田に移転
平成18年12月
システム事業部にて「ISMS/ISO27001」(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得
平成20年4月
会社の中期戦略に基づき、本社に営業本部を立ち上げる
平成20年6月
システム事業部の業務拡大により、増床(現住所4階)を行う
平成21年2月
第1回無担保社債(株式会社三菱東京UFJ銀行保証付および適格機関投資家限定)の発行を行う
平成22年7月
新規事業獲得に向けて、システム事業部・ビジネスソリューションチームを発足
平成24年6月
新規事業戦略として分析機器ソフト『CHERO13』販売開始
平成26年3月
森田緑が代表取締役社長に就任
平成26年11月
オフィスサポート事業部を本社ビル(平河町)に移転
現在に至る

創業者紹介

創業者 故 森田 禎
(1948年9月26日 - 2014年2月21日)

昭和59年7月、エムアンドエスは創業者の森田禎によってマンションの一室からシステム開発会社としてのスタートを切りました。

営業職で培った人脈と会計事務所で身につけた経営感覚を武器に、堅実な会社経営を行い、システム開発に従事する従業員が業務に専念出来るような環境作りに邁進しました。

バブル崩壊時、派遣型の下請会社であるエムアンドエスも苦しい状況に追い込まれました。
ここで森田が一つの決断をします。
「これから派遣型の人出しはしない。お客様と直接取引をしてお客様と対等なパートナーになる」
当時の状況を考えると、まずは明日の仕事の心配をしなければいけない状況であり、仕事の選り好みが出来るような状況ではありません。しかし、その中でも明日につなげるためにと、社員に宣言をしたことが、その後のエムアンドエスの方針を決めます。
日本経済全体が停滞する中で、この宣言を現実にするためには長い時間がかかりましたが、思いを言葉にすることで森田は現在のエムアンドエスの基礎を作りました。

また、経営戦略のもう一矢としてエンジニアリング事業部を立ち上げ経営のリスク分散を行います。その後一般派遣業の認証を取得し、現在のオフィスサポート事業部へと形を変え、“システム開発”と“専門スタッフの派遣”という2つの方法で人財による企業サポートを行う会社へと発展させてきました。

目標達成後もそこに止まらずに、新規分野、新規顧客、新規案件へと更なるチャレンジのタネを撒き、次世代への事業継承を行いました。